貴方の現在の位置:ホームページニュースセンター
    • 概要:

      日産自動車は2日、金型を使わず車両のボディーパネルなどを成形する新技術を開発したと発表した。切削工具を付けた2台のロボットを向かい合うように配置し、金属を両面から削り出す仕組み。金型によるプレス加工では作業が難しい細かな形状をつくれ、設備投資も約1割に圧縮できる。2020年にも旧型車の補修部品向けの製造で実用化する。新たに開発したのは「対向式ダイレス成形」技術で、ボディーやルーフなど8種類の大型サイズのパーツを成形できる。同方式で小型部品を試作するなどの事例はあったが、実際に外販できる部品を対象にして、品質水準をクリアする精度を引き出したのは業界初という。ただ、金型と比較すると製造スピードは落...

    • 概要:

      L.Y未来科技は積極的に新しい技術を勉強しながら、より低コスト、高精度の切削加工と金型の部品加工を目指します

    • 概要:

      世界で進む金属3Dプリンタの活用何かを作ろうと思ったときに、アイデアをすぐに具現化できる装置として3Dプリンタの活用が進んでいる。近年では、産業分野でも、従来のような試作品開発での適用のみならず、実際の量産への適用、といった動きもみられるようになってきた。そうしたものづくり産業で活用される3Dプリンタ、中でも金属材料に対応するモデルへの注目の度合いが国内外で高まりを見せている。例えばゼネラル・エレクトリック(GE)は、ジェットエンジンの燃料ノズルの量産に活用しており、一体成型による部品数の低減と靭性の向上、コスト低減といったさまざまな効果を得ているという。そんなメリットばかりの金属3Dプリンタ...

    • 概要:

      シーエス技研では、新型マイクロモータをベースにした、100円玉より小さい15mm×15mm×4mmの超薄型のマイクロファンとマイクロブロワー(ペロニステクノロジー社製)を取り扱っています。縦方向エアギャップクーリング技術を採用した「マイクロファン&マイクロブロワー」は、従来方式と比較してより小型になりました。高温時パワー損失がないため、より効率化を実現しています。「マイクロファン&マイクロブロワー」の特長■高エネルギー効率・高温時、エネルギー無し・シリコンスチールスタックモータを使用しないためエネルギー損失を防ぎます。(従来の小型モータ・ブロワーと比較して、低消費電力が...

firstpreviousnextlast