貴方の現在の位置:ホームページニュースセンター
    • 概要:

      日産金型を使わないパネル成形技術「対向式ダイレス成形」発表日産自動車は2019年10月2日、金型を使用しないでボディパネルを成形する「対向式ダイレス成形」技術を開発し、実用化したことを発表した。この技術を活用して、日産はアフタ―サービス部品や、すでに金型のない旧型車の補修部品の商品化を想定している。技術概要今回発表されたのは、すでに金型もない旧型車のパネルや、カスタマイズカー向けなど、少量生産を前提としたパネル成形の新技術だ。加工前のパネル材のセット量産車のボディパネルは巨大なプレス機と、重さ数トンの金型を使用してプレス成形されるが、金型費の開発や時間、プレス機の準備期間がかかるなどの理由で少...

    • 概要:

      近日、第19回の中国国際金型技術と設備展覧会は上海で開催しました。、記者によると、2018年の中国の金型消費量は2555億元で、約世界金型消費量の三分の一を占め、金型生産額も世界の金型生産総額の三分の一を占めています。税関の統計によると、2015年の中国の金型輸出はすでに50億ドルに超え、2018年の輸出額は60.85億元で、対比増加率は10.84%で、全世界の金型輸出総量の四分の一を占め、全世界約200あまりもの国と地区まで輸出しました。中国金型の輸入額は21.4億ドル、中国の金型消費額の5%未満でした。金型は「工業の母」と呼ばれています。中国金型工業協会の研究によると、2018年中国の25...

    • 概要:

      日産自動車は2日、金型を使わず車両のボディーパネルなどを成形する新技術を開発したと発表した。切削工具を付けた2台のロボットを向かい合うように配置し、金属を両面から削り出す仕組み。金型によるプレス加工では作業が難しい細かな形状をつくれ、設備投資も約1割に圧縮できる。2020年にも旧型車の補修部品向けの製造で実用化する。新たに開発したのは「対向式ダイレス成形」技術で、ボディーやルーフなど8種類の大型サイズのパーツを成形できる。同方式で小型部品を試作するなどの事例はあったが、実際に外販できる部品を対象にして、品質水準をクリアする精度を引き出したのは業界初という。ただ、金型と比較すると製造スピードは落...

    • 概要:

      世界で進む金属3Dプリンタの活用何かを作ろうと思ったときに、アイデアをすぐに具現化できる装置として3Dプリンタの活用が進んでいる。近年では、産業分野でも、従来のような試作品開発での適用のみならず、実際の量産への適用、といった動きもみられるようになってきた。そうしたものづくり産業で活用される3Dプリンタ、中でも金属材料に対応するモデルへの注目の度合いが国内外で高まりを見せている。例えばゼネラル・エレクトリック(GE)は、ジェットエンジンの燃料ノズルの量産に活用しており、一体成型による部品数の低減と靭性の向上、コスト低減といったさまざまな効果を得ているという。そんなメリットばかりの金属3Dプリンタ...

firstpreviousnextlast